三叉神経・自律神経性頭痛

Trigeminal Autonomic Cephalalgia (TACs)

 

TACsは、厳密に一側性の激烈な痛みと、患側の自律神経症状を特徴とする頭痛で、群発頭痛、発作性片側頭痛、SUNCT/SUNA、持続性片頭痛の4種類があります。各TACsの鑑別には、1日の発作回数と発作の持続時間が重要な手がかりとなります。

なお、発作性片側頭痛と持続性片側頭痛は、インドメタシン反応性頭痛で、インドメタシンで完全寛解します。

  群発頭痛 発作性片側頭痛 SUNCT 持続性片側頭痛
男女比(M:F)  2.5-7:1  1:1.6-2.36 1.3:1 1:2
痛みの性状 穿刺性 拍動性、穿刺性 灼熱性、穿刺性 持続性鈍痛
  えぐるような えぐるような   拍動性
強度 激烈 激烈 強度 中等度~強度
部位 眼窩、側頭部 眼窩、側頭部 眼窩周囲 眼窩、側頭部

発作頻度(回/日)

0.5-8 1-40 3-200 持続性
持続時間 15-180分 2-30分 5-240秒 持続性+激痛発作
自律神経症状 あり あり あり あり
片頭痛様症状 あり あり きわめて稀 あり
飲酒による誘発 70-80% 7% なし
インドメタシン 全例に著効 全例に著効